< /div>















クォン・サンウ当て逃げ書類送検

どこのメディアも取り上げてますね。
20100625000043_0.jpg
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

クォン・サンウ交通事故かかわらず‘飽和の中に’巡航

トップスタークォン・サンウ(34)が交通事故を出して警察に立件された。

24日江南(カンナム)警察署によれば、クォン・サンウは去る12日明け方自身の車を運転して他の車(茶)とパトカー、花壇を相次いでぶつかった後車(茶)を捨てて現場を離脱した疑惑を受けている。

14日警察署に出頭して調査を受けたクォン・サンウは“パトカーが追いかけてきて慌てて現場を離脱したことであって飲酒運転をしなかった”と述べた。

警察は“事件発生後時間がながくなるが飲酒可否に対する確認は不可能だ”としてひき逃げ疑惑でだけこの事件を検察に渡した。

これに対して、クォン・サンウ所属会社は24日報道資料を通じて“クォン・サンウが新千年ウェディング号を裏路地道を走行中雨の道に滑りながら駐車中だった車両を追突したしこれに事故(思考)措置のために車両を後進している間地区隊に復帰したパトロールカー量と再度追突することになって車両をウェディング号を駐車場に駐車しようとしたが駐車場花壇をまた、追突することになった”と解明した。

所属会社は引き続き“相次いだ追突にとても慌てたクォン・サンウは現場を離脱することになったし以後まもなく関係者が現場を訪問して事故(思考)を認めてその後本人が調査を受けた”として“現在の検察に事故内容が送検されたしクォン・サンウは運転未熟による果実(過失)と現場を離脱したことに対し深く反省して自粛している”と話した。

クォン・サンウは去る16日封切りした6・25学徒兵の話を扱った映画‘飽和の中に’でク・カプチョ役を担って米国著名評論家スコット ポンタスロブト“反抗的な目つきが印象的であり俳優ジェームズ・ディーンやアラン トゥロン、場ポール ペルモンも同じイメージを持っている”と絶賛を受けたことがある。

一方、‘12才以上街’判定を受けた‘飽和の中に’という南アフリカ共和国ワールドカップ韓国チーム宣伝(善戦)という悪材料(?) 中でも封切り3日ぶりに100万観客を突破したし、封切り初めての週ボックスオフィス1位を占めるなど観客1000万高地に向かって巡航している。

チョ・ジョンジン記者jjj@segye.com

逃げたらあかん!

ポチっとよろしく
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yocchanyocchan.blog133.fc2.com/tb.php/62-470f7017